読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びよんどざくらうど 学生から始める総合投資

学生からでも始められる投資を実体験を交えて紹介するブログです。

HYIPで安定的なものを見分けるにはどうすればいいか?

当ブログはHYIPを紹介していますが出鱈目に紹介しているわけではありません。紹介をしてそのまま放置と言う主義は自分的には嫌いです。紹介をしたからには日単位でそのHYIPが続いているかを報告する義務があると思います。

その為には出来るだけ長く続くHYIPを探す必要があると思います。絶対に続くHYIPはありませんがちょっとでも長く続くHYIPはあります。
そもそもHYIPで収益を上げるには二つの方法があります。それは次の方法です。

  1. 準備をしっかりしているHYIP(つまり長続きしそうなHYIP)を選ぶ
  2. 開始から間もないHYIPを探す

大事な考え方は前者ですが、後者も悪くない考え方です。ですが、後者は探すのが難しいため、安定的に運用するのであればやはり前者の考え方が必要でしょう。

そもそも何故私たちはHYIPに資金を投入するのでしょう?元本が返ってくるだけならそれをBitcoinのままで持っておけばいつか上がるため無意味です。そもそもそれならFXとか株の運用をした方がマシです。必要なのは元本よりも多くの資金が返ってくることです。更に言ってしまえば、毎日安定した収入を得ることが実は重要です。

さて、では重要度の高い順から見極める方法を記述していきます。飛ぶときはこれを全部満たしても飛ぶんですけどね(笑)。

以下のようなSSLが表示されていることをまずは確認しましょう。会社名が表示されているとなおいいでしょう。

f:id:abroadforex:20170221175530p:plain
f:id:abroadforex:20170225004542p:plain

そもそもSSLとは個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータを暗号化して送る技術の事です。これが無いとログインしたときにパスワードを盗まれる可能性が高くなるという事です。そんなサイトにお金を預けたくないですよね?

  • 経過日数について

これについては長く続いたか開始間もないかの二択です。
先ほども述べましたが、中途半端が一番危ないです。

長続きしているHYIPの目安は3週間~1か月です。3週間の間全くPending状態になっていなければ少し信用してもいいでしょう。

逆に開始間もなければ紹介報酬を取れる可能性が高まります。いち早くSNSで広めておきましょう。

  • 利率で見てみる

元本が返ってこない方式で、日利3%までであれば安全度は高まります。まず10%以上はPendingになると思って構わないでしょう。

  • モニターサイトの情報を見てみる

HYIPのモニターサイトは良くも悪くも情報がすぐに反映されます。中には運営から金を貰って良いように書いてもらってるケースもあるので複数のモニターサイトで調べましょう。Payingになっていれば今は安全です。
参考までに、以下の3つを自分は利用しています。
コメント欄も参考程度ですが、見ておくといいかもしれません。

All HYIP Monitors .com - Check your investment status on all HYIP monitors at once.
Best HYIP monitor | Check All HYIP Program Status - HYIPListers
HYIP Monitor GoldPoll - The Best HYIP Monitor and Rating website. The Fairest High Yield Investment Programs Monitoring Service.

  • その会社が実在しているか

SSLやサイト内に会社名が書いてあればwhois等を使って実際に存在するか確かめてみましょう。whoisは最近ではwhoisguardと言う会社名を隠すサイトがありますが、これは信用度が落ちます。
バーチャルオフィスであることを確認するのは難しいですが、実在する会社であれば信用度は上昇します。

  • Bitcoinからドル換算にされるかどうか

これはHYIPの経験上からですが、殆どのHYIPはBitcoin建てだとSCAMになるのが速いです。
Bitcoinは徐々に上昇していくので、ドル建てであれば結果的に運営側は払う金額が少なくなるのです。

紹介報酬があるという事は会社の事業を広めるのには役に立つので全く無いのは機会損失のようにも思えますがありすぎても良くないです。
せいぜい10%、条件付きで20%が限度でしょう。
ティア制度(子だけではなく孫まで)も重要です。2段階目以降は多くても3%が限度とみていいでしょう。

  • 過去に同じIPでHYIPを運営していないかどうか

http://allmonitors.net/ではURLを入力するとそのIPで過去にHYIPが運用されていたかを見ることができます。ここでHYIPが1件でも運用されていれば一度潰れた所なので資金を投入するのは論外です。

簡単に言えばサイト名とドメインは変わってるけどその元は同じだよ、ってことです。

  • SNSでの評価

これはあまり参考にはなりません。どちらかと言えばブログで紹介者が何人でいくら資金を投入して何日目です、って報告しているブログの方が信用性が高いです。
Twitterで広めてる人は紹介プログラムの事を隠しているケースが多く、普通の人ではそこまで稼ぐことができません。誰にでもチャンスがあるとか棚ぼた*1とか何故そのようになるのかを説明してないのはただの詐欺師と一緒です。
参考にする人はブログで紹介リンクを貼っている人だけにしておきましょう。特に細かく書いている人は自分も良く参考にさせて頂いてます。

特にTwitterであれば信用するのはWithdrawが証明されているものだけにしましょう。Blockchainの出金報告でも構いません。

まとめ

当然、この条件を全部満たしてもいざ資金を投入した翌日に逃げられることもあります。
そもそもHYIPは全てギャンブルと思うのが正解です。株なんかと違って相手は上場しているわけでもない不透明な実態なのですから資金を少しずつ増やしていきたいのならHYIPはおすすめしません。

ただ、HYIPは資金を増やすスピードを速くしたい人にはお勧めです。これからも、当ブログでは皆さんが利益を上げられるように出来るだけ安全なHYIPを見つけることを心がけます。


当ブログはランキングに参加しています。もし役に立っていただければ下記バナーをクリックして頂けると幸いです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*1:そもそもの意味からして偶然起こることを指すのに必然性が起こるならそれは棚ぼたではありませんね(笑)